自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

乳がん

乳がん治療に使われるホルモン治療薬の種類

更新日:

ホルモン療法には、女性ホルモンのエストロゲン自体をつくらなくする方法と、ホルモン受容体(レセプター)に付いてエストロゲンが結合するのを阻止する方法がありますが、閉経前か閉経後かによってエストロゲンの産生が異なるので、使用する薬剤(エストロゲンの産生を抑える)が違ってきます。

ただし、エストロゲンの結合を阻止する、抗エストロゲン剤は、閉経の有無にかかわらず両方に使われます。一般的には、副作用としてホットフラッシュといって急にほてったり、イライラ感や抑うつなどの気分の変調、疲労感など更年期障害と似た症状が出ると思われます。

■閉経前の人に使われる薬剤

LH-RHアゴニスト製剤<ゾラデックス(ゴセレリン)、リュープリン(リュープロレリン)>

閉経前は脳の視床下部からLH-RH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)が分泌され、脳下垂体でLH-RH受容体と結びついて卵胞刺激ホルモン(FSH)をつくります。この卵胞刺激ホルモンの影響を受け、卵巣でエストロゲンがつくられますが、LH-RHアゴニスト製剤がLH-RHになりすまして受容体に貼りつき、卵胞刺激ホルモンを出さないようにします。

その結果、刺激がこなくなった卵巣では、エストロケンがつくられなくなり、乳がんの増殖を抑えることができます。4週間に1回、皮下注射を打ちます。

副作用:月経が止まります。のぼせ、イライラ、抑うつなどが起こる場合があります。

■閉経後の人に使われる薬剤

アロマターゼ阻害剤<アリミデックス(アナストロゾール)、フェマーラ(レトロゾール)など>

一方、卵巣機能が低下した閉経後の人では、乳がんの増殖を促すエストロゲンは、副腎から分泌された男性ホルモン(アンドロゲン)が脂肪細胞にある酵素アロマターゼと結合してエストロゲンをつくります。

アロマターゼ阻害剤は、アンドロゲンより先にアロマターゼと結合して、エストロゲンがつくられないように抑える作用があります。飲み薬を毎日服用します。

副作用:関節痛、骨塩量の低下などが起こる場合があります。

■閉経状況を問わずに使われる薬剤

抗エストロゲン剤<ノルバデックス(タモキシフェン)など>

この薬は、乳がんの増殖を促すエストロゲンが受容体(レセプター)と結合するのを先回りしてエストロゲン受容体と結合し、エストロゲンの産生を妨ぎます。

ホルモン受容体陽性の乳がんの発育を抑える作用があり、多くの臨床試験で乳がんの縮小効果、再発抑制効果があることが確認されています。飲み薬を毎日服用します。

副作用:子宮体がんになる確率が高くなります。ノルバデックスを内服している場合は、子宮がん健診の際には、頸がんだけではなく、体がんも健診していただくとよいでしょう。

抗工ストロゲン剤<フェアストン(卜レミフェン)>

再発時には3倍量まで内服できます。

プロゲステロン(黄体ホルモン)剤<ヒスロンH(メドロキシプロケステロン)、プロゲストン(プロゲステロン)など>

脳下垂体・副腎・性腺系への抑制効果、および抗エストロゲン作用などにより、がん細胞を抑制します。他のホルモン療法が無効の場合に用います。

副作用:体重増加、肥満、血栓症などがあります。食欲増進という副作用を逆に利用して、抗がん剤で食欲がないときに用いることもあります。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-乳がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.