がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと免疫・免疫療法

転移の状態によって異なるがんの免疫療法

2014/02/08

がんが転移した経路に合わせてリンパ球を投与すれば、リンパ球ががんと同じ道筋をたどって
攻撃することができます。

■リンパ行性転移:転移のあるリンパ節に注入するケースもある

リンパ管を介して起こった転移に、腕の細い静脈から投与して効果があったケースが報告されています。また、リンパ節手転移には、直接リンパ節に注入する工夫も行われています。

なお、すでにリンパ節に転移がある場合、がんがある部位(転移巣)に、リンパ管経由でリンパ球が集められるのかどうか、まだはっきりしていません。

■血行性転移:がんに届く血管を選んで投与する

がんにつながる血管に、リンパ球を投与します。肺の場合は、腕の血管から投与しても肺に届くので、がん免疫療法の効果があったという報告が多くみられます。また、がんにつながる「がん栄養血管」を選んで投与すると集中攻撃が可能です。肝臓がんで高い効果をあげています。

■播種性転移:腹腔や胸腔に注入する

播種性転移では、がん性腹膜炎やがん性胸膜炎を起こしやすく、腹水や胸水を伴います。がん免疫療法で治療する場合、点滴では届きにくいため、直接おなか(腹腔)や胸(胸腔)に免疫細胞を注入する方法が効果をあげています。

免疫細胞ががんを攻撃して、腹水や胸水が減少・消失し、症状を和らげることを狙います。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がんと免疫・免疫療法
-