自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

がん全体

さまざまな抗がん剤の種類

更新日:

<細胞障害性抗がん剤>

ターゲツトを特定せず、がん細胞が増殖(細胞分裂)する過程を妨げて、がんを縮小させたり死滅させる薬です。がん細胞を殺す力は高いのですが、同時に正常細胞もダメージを受けやすいのが欠点です。この抗がん剤には、いくつかの種類があり作用するポイン卜などがそれぞれ異なります。

・代謝拮抗剤
がん細胞の増殖を抑えることで、細胞にダメージを与える。

・アルキル化剤
がん細胞のDNAがコピーする働きを妨害して、細胞を殺す。

・抗がん性抗生物質
細菌を殺すのと同じように、がん細胞を死滅させる効果を持った抗生物質。

・微小管作用剤
細胞の分裂に欠かせない「微小管(管状のたんぱく質)」の働きを妨げ、がん細胞を死滅させる。

・その他
がん細胞のDNAに結合して作用する白金製剤や、DNAの合成を妨害するトポイソメラーゼ阻害薬などもある。

<分子標的治療薬>
がん細胞が持つ特定の物質(分子)だけを狙って、効果を発揮する新しいタイプの抗がん剤です。たとえば、一部の乳がんのがん細胞では、あるたんぱく質が過剰に増えますが、トラスツズマブという薬は、そのたんぱく質を目印に作用します。このように、がん細胞の種類に応じて、作用する薬を選択します。

■その他の薬

・ホルモン剤
乳がんや子宮体がん、前立腺がんなどの一部では、性ホルモンががんの発育を助けることもあります。こうしたタイプのがんには、進行や再発などの防止の目的で、そのホルモンを抑える作用を持つホルモン剤を使用します(ホルモン療法/内分泌療法)。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がん全体
-

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.