自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

乳がん

内視鏡による乳がんの手術

更新日:

乳房温存療法ができない場合、乳房を切除することになります。

今は、肋骨が浮き出るような手術は少なくなったとはいえもとに近い乳房を残したいと思う女性は少なくないはずです。そこで、1つの方法として内視鏡を使った乳房切除術が考えられ、実施されています。

これにもいろいろな方法がありますが、乳房の皮膚と乳頭や乳輪が残されるのがポイントです。したがって、人工の乳房を作る「乳房再建術」を行えば、ほとんど外見的には以前と変わらない乳房を取り戻すことができます。

一般的には、乳輪の縁やわきの下に小さな切開を入れて、ここから内視鏡を挿入し、乳腺組織を切除します。

具体的には、脂肪や乳腺組織など乳房の中身を、皮膚と胸の筋肉からはがし丸ごと小さな傷から取り出してくるのです。皮膚を残して乳房切除術と実質的には同じことをします。これを「皮下乳腺全摘術」といいます。内視鏡だけではなく、電気メスなどを使う方法もあります。乳頭や乳輪を切除する場合もあります。

リンパ節郭清が必要ならば、これもわきの下の切開から行います。そして、乳房に人工物(インプラントを入れてもとのように膨らませます。内視鏡手術というと、胆石や胃がんでは普通の外科手術より楽で、からだへの負担が少ないという印象がありますが、この場合は違います。

手術によるからだへの負担は同じですが、乳房温存療法の適応にならなくても、乳房を美しく再建できる、つまり美容的意味を求めた手術です。傷を小さくするという意味で、乳房温存療法でも内視鏡が使われることはありますが、やはり利点が大きいのは皮下乳腺全摘術の場合です。

内視鏡による皮下乳腺全摘術は、皮膚にがんが食い込んでいないことが条件で、特に、乳管内にがんが広がっていたり、複数のがんがあって、乳房温存療法が適応にならない場合に利用価値が高いとされています。

内視鏡手術は保険も適応されるので、特に治療費が高くつく心配はありません。ただ、医師が内視鏡手術をマスターするには訓練を積む必要があること、手術時間はむしろ長くなるなどの問題があるため、限られた病院でしか行われていないのが現状です。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-乳がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.