自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

乳がん

乳がんの1~2期では乳房温存療法が標準治療

更新日:

乳房温存療法とは乳房を部分的に切除して、残された乳房に放射線を照射する治療法です。

現在、Ⅰ期とⅡ期の乳がんであれば、7割程度の患者が乳房温存手術の適応と考えられています。欧米に比べて日本は乳房温存療法の導入が遅れていましたが、今では乳がん治療の半数程度が乳房温存療法だと推測されます。

乳がんの手術の目的は、がんを確実にとり除くことです。ですから、乳房切除手術のほうがその目的に沿っているといえますが、たとえ、乳房内に微小な顕微鏡レベルのがん細胞が残っていたとしても、多くの場合、手術後に放射線を照射することでがん細胞を殺すことができると考えられています。

乳房を温存した場合と切除した場合の比較試験が欧米で行われ、一定の条件を満たせばどちらの方法でもその後の生存率に差はないという結果が得られています。

なお、しこりの大きさや乳がんのステージにかかわらず、次の場合には乳房温存療法は好ましくないと考えられています。

・乳房内に石灰化が広汎に広がっていたり 腫瘍が離れて2つ以上ある。
・手術でとり除いた組織の断端にがん細胞があり、10年以内の局所再発率が高いと判断される。
・妊娠している。
・皮膚筋炎や多発性筋炎などのような膠原病(放射線を照射すると皮膚の反応が強く出る)がある。
・乳房に対して腫瘍が大きい。
・本人が乳房温存療法を望まない。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-乳がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.