自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

がんと食事・食材

癌に良い食べ物「ゴマ」

更新日:

<主ながん予防成分>

・ミネラル(セレン)
・ポリフェノール(リグナン、アントシアニン、タンニン)
・ステロール

コマと人類との関わりは非常に深く、古代文明が栄えたエジプトやメソポタミアの遺跡からもゴマが出土しています。旧約聖書や古代中国の医学書「神農本草経」にもゴマについての記述が残っているほど、太古の昔から体にいい食べ物として知られてきました。

近年、その科学的根拠が次々と明らかにされ、生活習慣病全般に対する予防効果が大いに期待されています。ゴマの薬効のなかでもここ数年、とくに注目されているのが、リグナンという物質による抗酸化作用及びがん抑制作用です。

ゴマにはセサミン、セサモール、セサミノール配糖体などゴマ特有の成分が含まれており、それらを総称して「ゴマリグナン」と呼んでいます。この物質に強力な抗酸化作用が認められ、肝機能障害を予防・改善したり、発がんを抑制する作用があるといわれています。

また、ゴマ油の精製過程や体内で二次的に合成されるセサミノールには、より強力な作用があることもわかっています。ゴマ油がほかの植物性油に比べて酸化されにくく、いつまでもおいしく食べられるのは、セサミノールが大量に含まれているおかげです。なお、黒ゴマの色素成分であるタンニンやアントシアニンにも強力な抗酸化作用が認められていますが、正確な生理作用の分析やがん抑制作用については、今後の研究が待たれるところです。

ゴマはさらに良質のたんぱく質や脂質、ビタミンやミネラルをバランスよく含む完全栄養食品ですが、がん予防の立場からとくに注目されるのが、ミネラルの一種であるセレンです。セレンは体内で活性酸素を無毒化するグルタチオンペルオキシターゼという解毒酵素の主要成分になる物質です。

ゴマにはセレンの含有量が圧倒的に多いことがわかっています。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がんと食事・食材
-, ,

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.