自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

「 がん予防食品 」 一覧

癌によい食品「いちご」:がん予防食品

いちごはデザイナーフーズピラミッドの「ベリー類」のひとつです。 ビタミンCが豊富で、1日の推奨量(ほとんどの人が不足していない量)100mgを約10粒程度で補える程です。ビタミンCは免疫機能を強固にし ...

癌によい食品「きのこ類」:がん予防食品

きのこ類にはβ-グルカンという多糖類(消化しにくい糖質の総称で、食物繊維の一種)が多く含まれています。 β-グルカンは、体本来がもつ免疫機能を高め、白血球の働きを活性化する作用をもつことがわかっていま ...

癌によい食品「海草類」:がん予防食品

海藻類は食物繊維が非常に多く、便の水分量やかさを増やして腸の掃除をしてくれます。 便秘解消に役立つほか、エネルギーが低いので肥満も予防します。そのうえ、体の免疫機能を支えたり、そのパワーを高めるための ...

癌によい食品「きゅうり」:がん予防食品

きゅうりは、95%が水分です。カリウムが豊富で、余分な塩分を排出させる働きをもっています。 テルペン類のなかでも苦み成分のククルビタシンが多く、発がん物質を無毒化したり、抗腫瘍作用に貢献しています。ポ ...

癌によい食品「カリフラワー」:がん予防食品

カリフラワーはブロッコリーから品種改良されたもので、アブラナ科のキャベツの仲間です。 これらの野菜に共通して含まれる抗がん作用が期待できるイソチオシアネート、ポリフェノール類が豊富で、ビタミンC、食物 ...

癌によい食品「ブロッコリー」:がん予防食品

ブロッコリーの先祖はキャベツで、アブラナ科の野菜です。 キャベツ同様にイソチオシアネート、ステロール、インドールなど高いがん予防効果が期待される成分が豊富に含まれています。また、スルフォラファンには、 ...

癌によい食品「ピーマン」:がん予防食品

各色のピーマンには色素成分であるβ-カロテンをはじめとするカロテン類が豊富です。 これらは油との相性がよく、妙め物などにすると吸収がよくなります。とうがらしの仲間であるピーマンは、辛み成分であるカプサ ...

癌によい食品「トマト」:がん予防食品

トマトはβ-カロテンが多く、その強い抗酸化成分が細胞のがん化を防いでくれます。 トマトの赤い色は豊富に含まれるリコピンによるものです。リコピンは、カロテン類のなかでももっとも高い抗酸化力をもち、しかも ...

癌によい食品「かぼちゃ」:がん予防食品

かぼちゃはβ-カロテンやビタミンC、Eの宝庫。これらは抗酸化ビタミンと呼ばれ、体のがん化を促す活性酸素やストレス、免疫機能の低下といったさまざまながんのリスクに対抗するパワーが高い成分です。 カロテノ ...

癌によい食品「にんじん」:がん予防食品

にんじんにたっぷり含まれているβ-カロテンは必要に応じて体内のビタミンAに変化し、皮膚や粘膜などの健康を保ち、がんを抑制するメカニズムを維持する働きをもっています。 そのほかのカロテン類も豊富に含まれ ...

癌によい食品「だいこん」:がん予防食品

だいこんはアブラナ科の野菜で、辛み成分であるイオウ化合物やイソチオシアネート、メチルメルカプタンを豊富に含んでいます。 これらは切ったり、すりおろすことで酵素が働いて作られます。高い抗酸化力によって細 ...

癌によい食品「大豆」:がん予防食品

大豆は、植物性たんぱく質が豊富です。 大豆特有の大豆サポニンは血中コレステロール値や中性脂肪値を下げるだけでなく、「抗変異原性」という細胞の突然変異を抑制する働きがあることがつきとめられ、発がんを抑え ...

癌によい食品「じゃがいも」:がん予防食品

じゃがいもには抗酸化力の高いビタミンCと、食物繊維がたっぷり含まれています。 とくに、いも類のビタミンCは加熱しても壊れにくく、効率よく食べることができるという特徴があり、細胞同士をくっつける働きをも ...

癌によい食品「たまねぎ」:がん予防食品

たまねぎやねぎ、にんにくを切った時のツンとくる独特の香りが「イオウ化合物」です。 従来から、このイオウ化合物は血管に血栓(血の塊)ができるのを防いだり、殺菌作用、鎮静作用をもつとされてきました。これに ...

癌によい食品「セロリ」:がん予防食品

セロリは、古代ギリシャ時代からすでに利用されていたセリ科の野菜です。 独特の芳香をもつために敬遠されることもありますが、セロリの健康効果はその香り成分にあります。香り成分のテルペン類のなかでも「モノテ ...

癌によい食品「なす」:がん予防食品

なすの特徴である皮の紫色は、強い抗酸化作用をもつ色素「ナスニン」という成分です。 ナスニンは、がん化を促す活性酸素から細胞を守る働きがあるので、なすは皮ごと食べるのがコツです。また、ナスニンの高い抗酸 ...

癌によい食品「キャベツ」:がん予防食品

キャベツは多数の種類があり、ヨーロッパ原産のアブラナ科の野菜で、芽キャベツ、ケールもキャベツの一種です。 キャベツには、野菜の辛み成分であるイソチオシアネート、ステロール、インドールなどがたっぷり含ま ...

癌によい食品「しょうが」:がん予防食品

しょうが独特の辛みと、清涼感のある香り成分にがん予防効果が期待できます。なかでも、しょうが特有のフェノール化合物(ジンゲロン、ショウガオール)が豊富です。 フェノール化合物は、活性酸素によって遺伝子が ...

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.