自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

乳がん

乳がん治療薬ハーセプチンが使える人と投与法・副作用

更新日:

ハーセプチンはHER2たんぱくを過剰発現している乳がんにのみ有効で、現時点では再発したときの治療薬として利用されています。

適応となるのは、HER2たんぱくの過剰発現のある3段階のレベルのうち、+3と、+2の人でさらにFISH法という特別な検査法で調べて陽性が確認された人のみで、全体の患者数の2割程度に相当します。

適応を満たすがんには劇的に効くばかりでなく、副作用も少ないので理想的な治療薬だと考えられています。現在、外国では手術後の補助療法の治療薬としての臨床試験が行われており、再発抑制効果があると認められると、術後補助療法の選択肢としてもクローズアップされてくる可能性があります。

【投与法】

1週間に1回、点目前で投与します。抗がん剤との併用に効果があり、ハーセプチンと抗がん剤のそれぞれの効果を
足した以上の効果が得られます。効かなくなってきても、併用する抗がん剤を変えることによって新たな効果が得られることが多いです。

ただし、EBM(科学的根拠)に基づく適切な投与期間が決まっていないので、現時点では投与をずっと続けているのが現状です。問題なのは1回分の代金が7万円と高額で、1ヵ月4回投与すると保険適用となっても1ヵ月8万円以上の
負担になり患者にとって相当な負担になることです

【副作用】

少ないといっても発熱、悪寒、心臓機能の低下などの副作用があります。最初の注射後に4制程度の人が発熱を体験します。また、5%程度の人が心臓機能の低下を訴えるので、治療中は心電図の検査を定期的に行う必要があります。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-乳がん
-, , , ,

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.