自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

肺がん

肺がんの手術時に輸血はするのか

更新日:

肺がんの手術の出血量は条件がよければ100ml以下です。

ほとんど血か出ないこともあります。多少胸の中の状態が難しい人でも、出血量が300ml程度までなら輸血をしなくてもすむことがほとんどです。普通の体格で貧血がない人の場合は、1000ml近い出血でも輸血はしないですみます。

実際に輸血が必要になる人は5%以下です。しかし、胸の中の状態が非常に難しい人や、手術前の貧血が強い人、大量出血を起こしてしまった人などには輸血をしなくてはならないことがあります。

最も安全な輸血は、患者の血液をためておいて必要なときに輸血する自己血輸血です。しかし、肺がんの手術では、100人のうち95人以上で輸血しないわけですから、無駄が多過ぎるため自己血輸血はしません。

一般的に、輸血が必要なときは、日本赤十字病院の血液センターで集めている血液を使うことになります。これは他人の血液を移植することなので、免疫上の重大な問題が起きたり、病気が移ったりといった問題が起きる可能性がわずかながらあり、できれば避けたいところです。

しかし、生命の安全のためにはやむを得ないと判断されますので、そのときは担当の医師の判断で輸血が行われます。
・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-肺がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.