自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

肺がん

肺がん手術後の日常生活の注意点

更新日:

手術が終わって退院するまでは、20年前には1か月くらいかかっていましたが現在ではおよそ1週間くらいです。

患者さんの年齢、手術方法、術後合併症などにより退院までの期間が異なりますが、標準手術で術後順調に経過した場合には1週間が目安です。注意点として、手術により肺が切除されているために多少呼吸は苦しくなります。

1つの肺葉は肺全体のおよそ20%を占め(右の中葉は10%)、取り除いた肺の量によって呼吸の機能が悪くなり、息切れしやすくなりますから、退院してしばらくは、いままでよりもゆっくり動くように意識するとよいでしょう。

しかし、手術前に正常の呼吸機能があった人ならば、肺葉切除の場合、術後3~6か月くらいで、ほとんどもとどおりに何でもできるようになります。もちろん、もともと呼吸機能が悪かったり、片肺全摘術のような場合には、息苦しい状態が長く続くこともあります。

程度によっては自宅で酸素吸入を続けることが必要な場合もあります。詳しくは、担当医にたずねるとよいでしょう。手術後にしてはいけないことはありません。ただし、重いものを手術した側の手で持つのは、1~2か月ほど待ったほうが無難です。

また、自分のからだと相談しながらあまり極端に息切れしないように気を使う必要があります。目安は、脈拍数が安静時の1.5倍程度まで、数分間の休憩で平常の脈拍にもどる程度の運動量です。翌日に疲れが残るほどの運動は
3か月くらいは避けたほうが無難です。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-肺がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.