自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

肺がん

肺がん患者に対する緩和ケアとは

更新日:

緩和ケアとはがん患者さんの苦痛をやわらげる治療です。この場合には、がんに対する直接の治療は行いません。

がんの進行による激しい痛みや呼吸困難などの症状をやわらげて、少しでも楽に、残された限られた時間を過ごすことを目的としたケアです。緩和ケアには薬による治療ばかりでなく、精神的なサポートも重要になってきます。

WHO(世界保健機構)は2002年に、緩和ケアを「生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、身体的・心理的・社会的スピリチュァルな問題に関してきちんとした評価を行い、それが障害とならないように予防をしたり対処することで、「クオリティ・オブ・ライフを改善すること」と定義しています。

クオリティ・オブ・ライフ(QOL)とは「生活の質」のことです。肺がんの患者は、特にがんの浸潤、転移などによる疼痛や呼吸困難が強い場合が多く、また、精神的にも大きなストレスをかかえていることが多く見られます。

疼痛や呼吸困難が、がんによる症状であっても、すでに根本的な治療はできない状態なのです。その場合、患者、その家族に対する医師、看護師、そのほかの医療関係者の対応で患者さんの苦痛の度合が大きく変わってくることもあります。がんに伴う痛みに対しては鎮痛薬で対処をします。

WHOは痛みを3段階に分けたWHO方式がん性疼痛治療法を発表しています。第1段階の軽度の痛みでは、非ステロイド系消炎鎮痛薬(非オピオイド)やアセトアミノフェンで治療します。第2段階の中等度の痛みでは、非ステロイド系消炎鎮痛薬やアセトアミノフェンでは不十分と判断された場合にコデイン、オピオイドなどの麻薬(弱オピオイド)を使用します。

さらに第3段階の強い痛みの場合には、強オピオイドであるモルヒネ、オキシコドン、フェンタニールなどを使用します。疼痛の増強に応じて、この強オピオイドを増量していきます。

また、痛みの程度、場所によっては神経ブロックか用いられることもあります。呼吸困難に対する治療は、まずはその原因を除去できるようであれば、してみることです。胸水がたまったものであれば、胸腔穿刺やドレナージにより胸水を除去します。

気管や気管支の狭窄や閉塞によるものであれば、ステントやレーザー治療が行えるかどうかを判断します。このような治療の対象とならない場合で、せきや痰が原因の場合には、鎮咳薬や去痰薬を用います。

がんで呼吸困難を起こすような患者は、精神的な不安も強く、酸素の投与だけでは十分に改善しないこともしばしばあります。緩和ケアを行っている患者の呼吸困難には、オピオイドの全身投与が有効とされています。

また、ソラナックスやデパスといった抗不安薬の投与は、呼吸困難による精神的ストレスを軽減する意味から使用されています。肺がんの進行によるがん性リンパ管症や放射線治療後の肺炎による呼吸困難の場合にはコルチコステロイドがよく用いられます。

このようにひとことで呼吸困難といっても、その原因をきちんと調べたうえで適切に対処されます。患者の疼痛、呼吸困難は身体的な原因だけでなく、精神的、社会的な要素もあり、すべてを含んだトータルな症状として対処することになります。

そのためには医師や看護師だけでなく、心理療法士、薬剤師、理学療法士、栄養士など、多くの職種の専門家の協力が、よりよい緩和ケアには必要であると考えられます。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-肺がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.