自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

子宮がん

子宮体がんの検査の流れ

更新日:

子宮体がんが疑われるときは、問診、内診のあと、経膣超音波(エコー)検査で子宮内膜の厚みを計測します。

閉経前は子宮内膜の厚みは月経周期に応じて変化しますが、閉経後は子宮内膜が萎縮して薄くなります。年齢相応よりも子宮内膜が厚ければ、がんを疑います。

経膣超音波検査に続いて子宮ゾンデ(細い金属性の棒)を子宮内腔に入れ、内腔の方向を確認し腔長を測定します。子宮内膜細胞診の診断器具を子宮内腔に入れて細胞を採取します。

がんの可能性が高いときは、続いてキューレット(組織採取用の器具)を入れ、子宮内膜片を採取します。これが内膜組織診です。組織診でがんの存在が確認されたあと、骨盤MRIでがんの広がりを見ます。

また、腹部CT検査でリンパ節がはれていないかどうか調べます。こうして、これらの画像診断によって見えたがんの広がりに応じて、治療方針の候補を絞っていきます。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-子宮がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.