がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

子宮がん

子宮がんの手術方法は4通りある

2014/01/30

子宮がんには次の通り大きくわけて4通りの手術方法があります。

・子宮頸部円錐切除術

子宮頸部の初期がんが疑われたときは、膣から挿入した器具で、頸部を円錐状に切除して顕微鏡で観察します。この子宮頸部円錐切除術には、診断目的と治療目的の2種類があり、治療目的のときは、より広く深く切除します。

・単純子宮全摘出術

子宮体部は腹腔にありますが、子宮頸部は膀胱や直腸に囲まれていて、両側には尿管が通っています。これらの周囲臓器と子宮頸部の間を、頸部側のギリギリのところで切除するのが単純子宮全摘出術です。

・準広汎子宮全摘出術

尿管は子宮動脈と交差しています。その交差地点から尿管をはく離して外へずらし、尿管と子宮頸部の間で子宮を切断します。頸部からやや離れたラインで摘出するのが、準広汎子宮全摘出術です。

・広汎子宮全摘出術

尿管のはく離をさらに広くして膀胱に入るところまで追跡します。そうして子宮頸部の周囲組織を広く切除します。このため膀胱へ向かう神経を損傷するので、術後に尿意が感じられにくい、排尿の勢いがないなどの障害が出てきます。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がんを完治させるための5つのルール

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-子宮がん
-