自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

子宮がん

子宮頸がんの細胞診「異形成」とは

更新日:

子宮頸部の細胞診で、軽度・中等度異形成と診断された場合は、治療の対象にはならず、3~9カ月ごとに外来で細胞診、組織診の検査を行います。異形成は、程度がよくなる傾向のほうが高いので、その方針をとります。

最近の報告によれば、軽度異形成から高度異形成や上皮内がんに進行するのは、2年間の観察で2.1%、10年間では9.9%です。一方、正常化するのは2年で44%、10年で87.7%と圧倒的に治る率が高いです。

ただし、中等度異形成から高度異形成以上に進行するのは、2年で16.3%、10年では32%と病変が進む率が高くなります。高度異形成以上になると、子宮頸部円錐切除術を行う医療施設が多く、円錐切除は後出血といって、切除後7日ごろに再出血することがあります。また、切除のときに輸血が必要なほど出血することもあります。

このように円錐切除にはリスクがともなうので、中等度異形成では一般に円錐切除を行っていません。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-子宮がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.