自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

子宮がん

子宮頸がんとは

更新日:

子宮頸がんは子宮の入り口にできるがんです。

子宮頸がんの人の約80%からヒトパピローマウイルスが発見されることから、性交によってこのウイルスに感染したことが原因の1つと考えられています。したがって、性交開始年齢が早い人や、多数の人との性交経験のある人がかかりやすいと考えられています。

発症年齢は30~40代に多いのですが、20代でもかかることがあります。おもな症状は性交後の出血、おりものの増加、不正性器出血などですが、初期には無症状のことが多いので、年に1回は子宮がん検診を受けることが早期発見につながります。

子宮頸がんの検診は、子宮頸部をへらでこすって細胞を採取し、顕微鏡でがん細胞の有無を調べるものですが、細胞の採取は短時間で終わり、苦痛もありません。ごく初期に発見すれば、がんを含めて子宮頸部をレーザーやメスで円錐状に切除する方法により、子宮を温存することもできます。その後、妊娠・出産も可能です。

しかし、進行すると子宮の摘出や子宮の周囲の組織やリンパ節の切除が必要になりますし、放射線療法を行うこともあります。
・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-子宮がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.