自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

子宮がん

閉経後の不正出血は子宮体がんの症状かも

更新日:

子宮体がんの発生頻度は、閉経前より閉経後のほうが高くなります。

子宮内膜が増殖する状態が続くと、子宮体がんが発生しやすくなるのです。閉経前なら子宮内膜は月経時に子宮の筋肉からはがれるので、月経が順調なときはがんが発生しにくくなります。

生理が不順で子宮内膜がいつもより厚くなってしまうと発生しやすくなります。また、閉経後の子宮内膜は薄くなっていますが、この萎縮した状態からも子宮体がんは発生します。閉経後でも女性ホルモン値が相対的に高めの人は、子宮内膜が厚くなり、子宮体がんが発生しやすくなります。閉経後の不正出血は、子宮体がんのサインのひとつです。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-子宮がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.