自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

卵巣がん

卵巣がんの温存手術と妊娠の可能性

更新日:

卵巣がんの手術では、両側の卵巣・卵管、子宮、大綱を摘出し、必要に応じて腹膜の一部を切除したり、リンパ節を摘出したりします。

このため術後の妊娠・出産は不可能になります。ただし、一定の条件を満たせば、片方の卵巣・卵管と大綱のみを切除するということもあります。子宮と片方の卵巣・卵管が温存されるので、妊娠・出産が可能となります。

治療ガイドラインに示されている条件は次のとおりです。

<妊孕性:治療を考慮する臨床的条件>

1.患者本人が挙児を強く望んでいること
2.患者および家族が疾患を深く理解していること
3.十分なインフォームドコンセントが得られていること
4.厳重かつ長期的なフォローアッブが可能であること

※妊孕性:妊娠できる可能性

<保存的治療を行うことのできる病理学的な必要条件>

1.上皮性卵巣がんの場合
1a期で高分化型または境界悪性腫瘍であること(明細胞腺がんは除く)

2.胚細胞腫瘍の場合
①1a期の未分化胚細胞腫と1期グレード1の未熟奇形種②その他の組織型の1期とすべての組織型の2~4期。※1a期の未分化胚細胞腫と1期グレード1の未熟奇形種以外は 妊孕性温存治療を考慮する臨床的条件が必要となる。

なお、この場合、摘出された腫瘍を詳細に検討する必要があります。術中の診断では温存できるどうか、医師も悩む場合が多くあります。判断に迷う場合は、閉腹し、その後患者とよく相談して納得のうえでもう1度開腹して切除を追加することがあります。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-卵巣がん
-,

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.