自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

子宮がん

子宮・卵巣がんの再発・転移する確率

更新日:

子宮がん、卵巣がんの再発・転移率は、治療開始時のがんの進行期によって異なります。

■進行期が1~2期の場合
診療開始後1年以内よりも、開始後1~3年の間に再発してくることが多い傾向にあります。ただし、悪性度の高いがん細胞が混ざっている場合は注意が必要です。がんはどれも悪性ですが、その中でも細胞分裂が盛んで増殖速度の早いがん細胞があります。例えば、子宮頸がんの中では小細胞がんが挙げられます。このがん細胞が一部にでもあると、ほかの組織型の部分は再発しなくても、小細胞がんのみが再発してきます。

■進行期が3~4期の場合
1年以内にほかの部位に再発してくることが珍しくありません。1年以内の再発という場合は、治療開始時期には診断がつかないほど小さかったもので、もともとそこに潜んでいた可能性があります。例えば、リンパ節の中に小さな転移があり、それがだんだん増大して堅く大きくなって診断がついた、というような場合です。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-子宮がん
-,

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.