自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

子宮がん

広汎子宮全摘出術後の排尿障害

更新日:

子宮がんにおける広汎子宮全摘出術の場合、術後一時的に尿が出にくい時期があります。

しかし、だんだん尿を出せるようになり、術後3週間後には、多くの人が尿を出し切るまでに回復します。尿が出にくい時期には尿意を感じないので、例えば3時間ごとに時間排尿を行います。この尿意は時間とともにだんだん回復してきます。

術前と同レベルまで回復する場合もある一方で、時間が経っても尿意を感じないこともあり、この場合は時間排尿を続けます。排尿がないときは、自分で尿道にカテーテルを入れて導尿し、膀胱の過伸展を防ぎます。

これを「自己導尿」といいます。広汎子宮全摘出術で排尿機能を司る神経を温存しない場合は、退院時に自己導尿が必要になる率が約10%ありますが、ほとんどの場合、3力月以内には自力で排尿できるようになります。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-子宮がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.