自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

子宮がん

子宮頸がんの細胞診の方法

更新日:

がんの確定診断に必要な検査のひとつに細胞を詳しく検査する細胞診があります。

そのために子宮頸部の細胞を綿棒などでこすって取るときには、ほとんど痛みはありません。このときに痛みを感じる場合は、検査の際に、あまりに緊張しすぎてそのように感じてしまう以外は、卵管周囲の炎症が考えられます。

ただ、膣にクスコ(膣鏡)を挿入して開くときに痛みを感じる場合があります。とくに閉経後では膣粘膜が萎縮しているので、クスコ挿入時に膣壁がこすれて痛みが起きます。

クスコを消毒薬で濡らすとか、表面に麻酔薬を塗るようにして、なるべく痛みが起きないようにしています。また、性交渉の経験のない人には、極小のクスコ(SSもしくはSSSサイズ)を使います。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-子宮がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.