がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

子宮がん

子宮がんの局所再発と遠隔転移

2014/02/01

子宮がんの病巣を切除しても、また再発してくることがあります。

がんから2cm離れたところまで切除したのに、縫い合わせたところからまたがんが再発してくることがあります。これが局所再発です。

また、もとの場所から離れた臓器、例えば肝臓、肺、左鎖骨上にあるリンパ節に転移して大きくなってくることもあります。これを遠隔転移と呼びます。がんの転移がない早期がんの患者の血液を採取して調べると、血液中にがん細胞があることが指摘されています。

ただし、血液中にがん細胞があるだけで、転移をするとは限りません。転移を形成するには、いくつもの過程を経なければなりません。その難関を乗り越えて転移を形成しているため、転移したがん細胞は原発部位よりも強力な性質になり、治療に抵抗することが多いのです。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-子宮がん
-