自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

肺がん

肺がんの原因とリスクの高い人とは

更新日:

肺がんの原因は、完全には解明されてはいません。

しかし、がん発症との強い因果関係が明らかにされたものとして「喫煙」があります。日本のデータでは、男性の肺がん患者の85~90パーセントが喫煙者です。

日本では、喫煙者は喫煙しない人の4.5倍もの確率で肺がんを発症するとされています。また、いつも喫煙者の近くで生活し、喫煙者の吸うタバコから流れる煙(副流煙)を吸い込む環境にある人(受動喫煙者)も、肺がんを発症しやすくなります。

受動喫煙者は、副流煙にさらされていない人より、肺がん発症のリスクが30パーセントほど増すとされています。このようなことから、先進国では、公共施設や交通機関の他、職場などでも基本的に禁煙となっています。

とくにアメリカや西ヨーロッパのビジネスなどの世界では、喫煙者はまともな人間として受け入れられないといっても過言ではありません。日本でも2003年から「健康増進法」が施行され、学校や病院、デパート、飲食店など、多数の人々が集まる場所では、施設管理者が受動喫煙をなくすために適切な方策をとるように定められています。

喫煙以外の肺がんの原因としで、アスベスト(石綿)や粉塵などを吸い込む環境、放射線被曝、放射性物質(ラドンなど)の吸引、大気汚染などが疑われています。最近では、ディーゼルエンジン車の排ガスに含まれる微粒子が、高い確率で肺がんを引き起こすという報告もあります。そのため、ディーゼルエンジン車の排ガス規制が厳しくなりました。
・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-肺がん
-,

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.