自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

肺がん

肺がんの症状

更新日:

肺がんは、ほとんどの場合、かなり進行するまで何の症状も現れません。

また最初の症状がかぜの症状によく似ているため、見過ごされることも少なくありません。よく見られる症状は、せきや痰が続く、痰に血が混じる、しわがれ声になる、呼吸音にぜいぜいという雑音が混じる、呼吸が苦しい、発熱するなどです。

大きくなったがんが近くを通る神経を圧迫すると、胸や肩、背中の上部、腕などに痛みを感じたり全身の脱力感を覚えることもあります。また、がんが肺の周辺の太い血管を押し狭めて血流をさまたげ、顔や首にむくみが生じることもあります。さらに、がんが胸壁に広がると、胸水(胸にたまる水)がたまって、息苦しくなることもあります。

がんの進行につれて、胸の痛み、倦怠感、食欲不振なども生じます。小細胞がんでは、がん細胞が種々のホルモンを放出し、その結果、まれに高血圧や水を異常に飲みたがるなどの症状が現れます。

肺がんは、脳や骨などに転移しやすい性質をもつため、それらの転移による症状が最初に現れることもあります。たとえば、脳の転移では頭痛や体のしびれ、けいれんなどが現れ、骨の転移では腰痛や骨折などが現れることがあります。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-肺がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.