がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

肺がん

肺がんの主な治療方法

2014/02/05

肺がんに対する基本的な治療法は、外科治療(肺の切除手術、レーザー治療)放射線治療、それに化学療法です。

これらのうちもっとも効果が高い治療法は手術です。がんが早期で、リンパ節にも転移していなければ、5年生存率は70~80パーセントです。しかし、肺がんはふつうかなり進行してから発見されるため、手術で治療できるのは、10人のうち3人ほどにすぎません。

そのほとんどは、自治体や職場の集団検診や、自分自身で受けた人間ドックなどで偶然発見された患者です。治療法を選択するときには、がんのある場所、肺がんの種類、進行状態の他、患者の肺の状態や全身の健康状態をも考慮して決定します。

複数の治療を組み合わせる場合もあります。とりわけ小細胞がんと非小細胞がんでは性質が大きく異なるため、治療の方針も違っています。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-肺がん
-