自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

肝臓がん

胆道がんの検査と診断方法

更新日:

黄疸などの異常がある場合、まず腹部の超音波検査と血液検査を行います。

超音波検査では、胆管の一部ががんでふさがり、たまった胆汁によってその上流の胆管が拡張している状態や、胆嚢に腫瘤が生じているなどの異常を見分けることができます。また血液検査では、黄疸の原因が肝臓にあるか胆管の閉塞にあるかなどを推測することができます。

このとき、血液中の腫瘍マーカーの量も調べます。さらに、CTやMRIなどの画像診断を行い、病変部を撮影します。がんがある場合、大きさやその広がりをとらえることができます。

以上の検査で胆道がんが疑われる場合、胆管の造影撮影を行います。これには、PTC、ERCP、MRCPという3つの方法があります。

PTCは、正式には「経皮経肝胆道造影」と呼び、がんによって胆管がふさがっている部分の上流に針を刺して造影剤を注入し、X線で観察する方法です。ERCPは、「内視鏡的逆行性胆管膵管造影」という長い名称の検査です。具体的には、十二指腸から胆管に向かって細い内視鏡を入れ、そこから造影剤を注入してX線で胆管を撮影します。場合によっては病変部の組織を採取して顕微鏡でくわしく観察し(生検)、がんかどうかを確認します。

PTCでは、胆管の閉塞部より上流(肝臓側)の情報が得られ、ERCPでは下流(十二指腸側)の情報が得られます。PTCやERCPの検査の際、一般に、胆管にたまっている胆汁を排出する処置を行います。(胆道ドレナージ)このとき、胆汁にがん細胞が混じっていないかも調べます。

最近では、PTCやERCPを省略し、MRIで胆管を撮影する方法(MRCP)を行う例もあります。この場合、受診者に造影剤をあらかじめ投与し、胆管の内部が見えやすいようにすることもあります。

設備の整った医療施設では、先端に超音波を発する装置をつけた内視鏡を使って、胆管の内壁を観察することもあります。(超音波内視鏡、管腔内超音波内視鏡)この他、がんが膵臓や肝臓の血管に浸潤していないかを調べるため血管造影検査も行います。血管造影検査は、手術の際の血管の扱い方を決めるうえでも重要です。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-肝臓がん
-,

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.