がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

乳がん

乳がん治療後のリンパ浮腫について

2014/02/07

リンパ浮腫とは、手術でわきの下のリンパを切除したり、放射線治療によりリンパ管が細くなったりしたことで、リンパの流れが悪くなり、リンパ液が皮下にたまる状態をいいます。

リンパ浮腫が起こる時期や程度には個人差がありますが、一度起こってしまうと、元にもどるのに時間がかかります。リンパ浮腫の症状の有無をチェックし、日常生活での注意点を守って、できるだけ予防しましょう。

■リンパ浮腫の主な症状

・手術側の肩がこる
・腕が重くだるい
・腕が疲れやすくなった
・腕がなんとなく腫れぼったい
・手術側の腕が赤く腫れたことがある
・血管が見えにくくなった
・太ったような気がする
・握ったり開いたりするときに違和感がある
・物を落としやすくなった
・指輪や腕時計、上着の袖口がきつく感じる
・熱をもったような感覚がある

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

ガイドブックをプレゼント!


「がんを完治させるための5つのルール」とは・・・


本村ユウジ責任編集。「がんと闘ううえで、絶対に外してはいけないポイント」を凝縮したガイドブックです。パソコンからでもスマホからでも読める電子ファイル(PDFファイル)なのですぐに読めます。

どんなガイドブックなのかの解説はこちらのページで。
がんを完治させるための5つのルール

今すぐダウンロードして読みたい方は、こちらのボタンをクリックしてメールアドレスを登録してください。
kotira010

-乳がん
-