自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

がん全体

がんの超音波(エコー)検査

更新日:

「エコー」は名まえのとおり、超音波を使用する検査機器です。

人が聞きとることができる音波は2Oヘルツから2万ヘルツだそうですが、エコーでは1OO万ヘルツから100O万ヘルツの超音波が使われます。ひとくちでいって、エコーは発信した超音波が体内の組織や臓器にあたって、反射してくるところを画像化する装置です。ですので、身体にたいする弊害はまったくありません。

エコーを受ける患者はベッドに横になって、検査する部位に「プローブ」という超音波の小型の発信器をあてられます。このとき超音波が伝わりやすいように、検査部位に検査用のゼリーがぬられ、プローブを移動させながら体内のようすが探られます。検査中は、ときどき「息をとめて」といわれるだけで、なんの痛みもありません。

エコーは頸部、肝臓、すい臓、腎臓、胆のう、前立腺などの検査で能力を発揮します。「ソナゾイド」という造影剤を使うことや、内視鏡の先にエコーをとりつけて、腸などの内側から、まわりの臓器とリンパ節を調べることもあります。小型化されて移動に便利なエコーは、さまざまな治療に活用されています。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-がん全体
-

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.