自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

子宮がん

子宮がんの自覚症状とは

更新日:

どの種類の子宮がんも、初期にはほとんど症状はありません。

がんがやや進行すると、性器から出血して異常に気づくことが多いようです。月経(生理)以外のときに出血したり、セックスの後に出血するときには、これらのがんを疑う必要があります。

その他、おりものがふだんと違う(量や臭い、色など)、セックス後に下腹部が痛むなども、子宮がんの症状です。がんがさらに進行すると、腹に痛みや圧迫感を感じる、便や尿が出にくい、背中が痛むなどの症状も現れます。

子宮がんの中でも、子宮肉腫はとりわけ症状が現れにくいことで知られています。さらに、その症状や組織の状態が子宮に発生する子宮筋腫(良性の腫瘍)によく似ているため、しばしば発見が遅れてしまいます。

子宮筋腫の治療で抗ホルモン療法に効果がないときには、子宮肉腫を疑うべきです。他方、子宮頸がんと子宮体がんは、定期的に検診を受けていればがんを予防できます。これらのがんは一般に、がんの前段階(前がん病変)からがんに進行するまでに時間がかかるためです。
・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-子宮がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.