がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

肝臓がん

肝臓に直接抗がん剤を投与する方法「肝動脈塞栓療法」とは

2014/01/26

肝動脈塞栓療法は、太腿の付け根の大腿動脈からカテーテル(管)を入れ、そこからゼラチンや薬剤を注入して肝動脈をふさぎ、がんに酸素や血液がいかなくなるようにして壊死させる方法です。

肝臓がんの約40%の人がこの治療を受けています。肝動脈塞栓療法はもっとも多く実施されている治療法です。肝動脈とともに肝臓に血液を送る門脈ががんでふさがっていない限り、何回でも実施できる治療法なので、再発がんの治療法としても有効です。

残念なことですが、B型肝炎やC型肝炎が原因でがんになった人は、がんの治療を行ってもウイルスそのものがなくなるわけではありません。がんの原因となるウイルスが存在している以上、再発する危険性が高いので、定期的に検査を一受け、アルコールをやめて塩分とカロリーを控えめにし、過労やストレスの多い生活を避け、肝臓に負担のかからない日常生活を心がけることが大切です。

肝機能がかなり弱っていてがんの数は少ないような場合、最終的な手段としては肝臓移植という方法もあります。難点は非常にお金がかかることです。日本では生体肝移植が主であり、技術的にも安定しています。
・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-肝臓がん
-,