自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

その他の治療法

がんの凍結療法の長所と短所について

更新日:

凍結治療の長所と短所について、まず長所は、一般の手術のように正常な組織を大規模に傷つけることがない(=侵襲度が小さい)ということです。

凍結手術は、内視鏡手術と似て、皮膚を小さく切開するか、針状のクライオプローブを直接患部に刺して行われます。そのため、患者の痛みや出血は最少限に抑えられます。またこの手術では、手術を何度にも分けて反復できる、外科手術その他の治療法が不可能な患者にも応用できる、手術後の回復が早く入院期間が短いなどの長所もあるようです。

しかし問題点もあります。たとえば、まだ標準的ながん治療法として十分な経験が積まれていないため、手術後長い時間がたったときの影響が明らかではない、正常な組織の中にがん細胞が散らばっていると治療効果を期待できない、実験的治療の段階にあるため手術が健康保険の適用にならないかもしれない、などです。

凍結手術は、生物の体のごく自然な性質、すなわち「生物は超低温では生きられない」を、素直に利用する方法です。ハイテク装置も化学物質も放射線も用いないため、術後に重大な後遺症や副作用が現れるとは考えられません。この手術に習熟した医師が増えれば、近い将来、一般病院でも、がんの主要な手術法のひとつになる可能性があります。
・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-その他の治療法
-

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.