自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

大腸がん

大腸がんの標準的な治療法

更新日:

初期の大腸がんに対しては、ふつうのポリープと同様、内視鏡手術だけで治療(切除)します。

しかし病巣が広がっている場合は、開腹手術による切除が必要となります。手術後に、再発防止のため、抗がん剤投与や放射線治療を追加することもあります。

一般に、比較的早期の結腸がんでは、手術後にあまり障害が現れませんが、直腸がんの手術では、重大な障害が現れる可能性があります。というのも、直腸は肛門につながっているうえ、直腸のまわりには、排尿や排便、性機能などをつかさどる自律神経が密集して存在するためです。

現在では患者の治療後の"生活の質"の向上を目指して、自律神経を残す手術が行われるようになりました。これに加えて肛門の括約筋を温存すれば、手術後の障害は小さくなります。

ただし、がんの部位や広がり方によっては、直腸の肛門側全体を切除する必要が生じます。その場合は、人工肛門(ストーマ)を取り付ける処置が行われます。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-大腸がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.