自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

子宮がん

子宮がんの種類

更新日:

子宮がんは、女性のがんの中では乳がんについで高率で発症します。

おとなのこぶしほどの大きさの子宮は、洋ナシをさかさまにしたような形をしており、骨盤の内側におさまっています。子宮上部の丸い部分を「子宮体」といい、下部の細くくびれた部分を「子宮頸」と呼びます。

子宮がんには、子宮頸をおおう粘膜に発生する「子宮頸がん(=子宮頸部がん)」と、子宮体の内側をおおう子宮内膜に生じる「子宮体がん(=子宮体部がん、子宮内膜がん)」があります。

この他、まれながんとして、子宮の筋肉などに生じる「子宮肉腫」があります。近年の日本では、子宮がんの発症率や死亡者数は、かつてより大きく減少しています。50年前には10万人当たり30人以上が子宮がんで亡くなりましたが、いまでは8人にすぎません。

これはおもに、子宮がんのうち子宮頸がんを発症する人が大きく減ったためです。これに対して、子宮体がんの患者は、近年、急速に増加しています。

子宮がんの生存率は、すべてのがんの中でも高いもののひとつです。生存率が改善された理由として、とりわけ若い世代に検診が普及して早期発見例が増えたことと、治療法が向上したことが考えられています。

いまでは、子宮頸がん全体の5年生存率は70~80パーセントに達しています。しかし、がんが進行して手術ができないときは、20~40パーセントにまで下がります。子宮体がんの5年生存率は平均約85パーセントです。

進行すると、やはり生存率は著しく低下します。これに対して子宮肉腫は、診断自体が難しく治療も困難なため、治療成績はたいへん悪く、5年生存率は15~30パーセントにすぎません。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-子宮がん
-

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.