自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

どうすれば

いったいどうすれば、がんに勝てるのか?

がん治療専門アドバイザーによる解説はこちら

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

子宮がん

ステージ1・2の子宮頸がんの標準的な治療法

更新日:

がんが子宮頸の外に広がっていなくても、すでに子宮の壁に深く浸潤しているとき(ステージ2期まで)は、広範な手術か、放射線治療が中心的な治療となります。

手術の際は、子宮とその周辺の組織やリンパ節、膣の一部を切除します。手術後には、再発を防ぐために体外から放射線を照射します。他方、放射線治療は、膣内照射と体外照射の組み合わせです。

膣内照射は、放射性物質を入れたカプセル容器を膣と子宮の内部に挿入し、がんに直接放射線を当てます。治療効果は手術と同等ですが、後遺症は通常は小さいようです。

しかし若い女性の場合、閉経する可能性があり、二次的ながんが発生する確率も高くなると報告されています。がんがリンパ節にすでに転移していた場合には、補助療法として放射線治療と化学療法を併用します。

なお子宮頸がんには、がん化する細胞の違いによって、「扁平上皮がん」と「腺がん」があります。前者は放射線治療の効果が高いのですが、後者の腺がんは低いため手術が最初の選択肢になります。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを完治させるための5つのルール

1つの条件

こちらのページで明らかにしています。

がんを治すための「たった1つの条件」とは?

-子宮がん
-,

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.