自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

「肺がん」 一覧

肺がんが進行した場合に出る自覚症状

肺がんが進行してくると何らかの症状が出ることが多くなります。 中心型(肺門型)の扁平上皮がんや、小細胞がんでは、せき、痰、血痰のほかに、がんにより太い気管支がせまくなったり、ふさがったりして、呼吸困難 ...

肺がんの気になる症状

2013/04/25   -肺がん
 

肺がんにはさまざまな症状がありますが、がんができる場所(発生部位)、組織型によってその症状は異なります。 肺がんは、できた場所によって中心型(肺門型)肺がんと、末梢型(肺野型)肺がんに大別されています ...

肺がんの種類「大細胞がん」とは

大細胞がんは肺がんの約10%を占めています。 この組織型の肺がんは、腺がん、扁平上皮がん、小細胞がんのどの組織型にも属さない、比較的特徴の乏しいがんです。大細胞がんは肺の末梢に発生し、比較的大きな円形 ...

肺がん「小細胞がん」とは

肺の小細胞がんは最も悪性度の高いものです。 つまり、がんが早期に転移をして、死亡に至るまでの期間が短い組織型と考えられています。そして、このがんは、太い気管支(肺門部)にできやすいのが特徴で、扁平上皮 ...

肺がんのタイプ「扁平上皮がん」とは

扁平上皮がんは肺がんの約20%を占め、タバコとの関連が非常に強いがんです。 このがんができる人のほとんどがヘビースモーカーです。扁平上皮がんは、太い気管支のある肺門部にしばしば発生し、せき、痰、血痕な ...

肺がんのタイプ「腺がん」とは

腺がんは肺がん全体の約50%を占めています。 そして男性の肺がんの約40%、女性の肺がんの70%以上を占め、多くは肺の奥のほう(末梢)に発生します。腺がんはほかの型に比べその性質は様々で、進行の速いも ...

肺がんの種類

2013/04/25   -肺がん
 

肺がんには多くの種類があります。この種類を「組織型」と呼んでいます。 組織型は顕微鏡で肺がんの組織標本を見たときのがん細胞の"顔つき"とがんの構築によって分類されています。(この組織型を顕微鏡で診断す ...

肺はどのような構造、役割を持つ臓器なのか

2013/04/25   -肺がん
 ,

肺は右側と左側に1つずつあり、血管で心臓とつながり、口から声門を通して気管、気管支、肺胞とつながっています。 一般に肺といわれているのは、気管支と肺胞の領域をさしています。吸い込んだ空気は口と鼻からの ...

肺がんの原因はタバコだけなのか?他の原因は?

2013/04/25   -肺がん
 

肺がんは遺伝との関係は明らかになっていません。 肺がんになりやすい遺伝子は、一部の乳がんや大腸がんのようにはわかっていないのです。しかし、肺がんになった家族がいる場合には、そうでない人よりも肺がんにな ...

タバコと肺がんの関係は?

喫煙は肺がんの発生に密接に関係していることがわかっています。 肺がんのリスクとして最も重要なものはタバコです。日本でも最近は禁煙運動が盛んになり、喫煙率は低下しています。しかしまだ、男性の約20%、女 ...

肺がんの地域別死亡率

日本におけるがん死亡率は地域によりかなりの違いが認められます。 最も高いのが青森県で、最も低いのが長野県です。肺がんの死亡率にも地域によりかなりの違いが認められます。そこで、肺がん死亡率の因果関係を考 ...

肺がんの原因と症状

肺がんは日本だけでなく、世界的に増加しているがんです。 50才以上に多く、女性より男性に多く起こります。原因のすべてが解明されているわけではありませんが、リスクファクターの第1にあげられるのは喫煙です ...

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.