自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

「乳がん」 一覧

乳がんの乳房温存療法と乳房切除術

乳がんの手術は大きく分けて2つあります。 1つは乳房温存療法、もう1つは乳房切除術です。乳房温存療法とは、がんとその周辺の組織を切除し、残した乳房に放射線を照射して、がんの芽をたたくという治療法です。 ...

乳がんの手術前に抗がん剤治療を行う目的

手術前に組織診生検やセンチネルリンパ節生検などを行うケースもあり、腫瘍の大きさや年齢のほかに、リンパ節転移の有無、レセプター状態など、乳がんの病理情報が手術前にわかるようになりました。 そこで、化学療 ...

乳がん「センチネルリンパ節生検」とは

個人差はありますが、わきの下には30~40個のリンパ節があります。 そのなかに1個か2個、センチネルリンパ節といわれるものがあります。がん細胞がリンパ液にのって、最初に流れつくと想定されるリンパ節が、 ...

乳がんの治療法を決めるために必要な情報

2013/07/19   -乳がん
 

診断の結果をもとに、治療方針を決めます。 乳がんの治療には、局所治療と全身治療があります。局所治療とは、手術や放射線のことです。全身治療とは、抗がん剤、ホルモン剤、分子標的治療薬のことです。局所治療と ...

乳がんと診断されたら

がんの告知は、どんなに早期であっても、大きなショックを受けます。 検査結果は信頼のできる人と一緒に聞くようにしましょう。また、乳がんと診断されると、治療方針について医師と相談することになります。早期で ...

乳がん検査と骨シンチグラフィ

乳がんは骨に転移する可能性があるため、骨への転移がないか調べる検査です。 ごく微量のアイソトープ(放射性同位元素)を血液に注入すると、がんのある部分に集積します。(ただし骨折や炎症がある場合も集積がみ ...

乳がんの「乳管内視鏡検査」とは

乳管内視鏡検査は、乳頭の分泌口から、細いファイバースコープを挿入し、乳管内の様子をモニターテレビで映し出して観察する検査方法です。併せて組織採取を行うこともあります。 ・・・ どうすれば、がんは治せる ...

乳がんの検査「乳管造影」とは

乳管造影という検査は乳首から血液の混じった分泌物が出るような場合、そこに細いカテーテルを挿入して少量の造影剤を注入し、マンモグラフィーを撮影する方法です。 触診ではわからないような早期の乳がんを発見す ...

さまざまな乳がんの組織診(生検)の方法

2013/07/17   -乳がん
 

太針生検: しこりに太い針を刺し、中の組織を取って調べます。 摘出(外科的)生検: 皮膚を切開して、しこりを取り顕微鏡で組織を調べます。摘出生検のメリットは確実に良性か悪性かの診断がつくことです。 マ ...

乳がんの超音波(エコー)検査とは

人の耳では聞き取ることのできない高周波の音を臓器に当てて、その音が反射した様子を映像化することで、体の内部を調べることができます。 その仕組みを応用したのが超音波(エコー)検査です。ベッドに仰向けに寝 ...

乳がんのマンモグラフィー検査とは

マンモグラフィーは乳房をそれぞれ左右、上下方向からX線で撮影する検査です。 より的確に診断するため、2枚の板で乳房を挟み、平べったくしてから撮影します。マンモグラフィーはしこりのほかに、乳がんの場合に ...

乳がんの組織診(病理検査)とは

マンモグラフィーや超音波(エコー)などの画像検査で、乳がんの疑いがある部分が見つかると、その部分の組織や細胞を採取して病理学検査を行います。 現在は、細胞よりも組織を採取して検査する組織診(生検)が主 ...

乳がんの大きさと広がりを調べる検査

マンモグラフィ、超音波(エコー)、CT、MRIなどの画像検査を受けたあと、乳がんの大きさや広がりを調べます。 また、リンパ節への転移があるかなども検査します。この結果、手術の切除範囲を決定します。乳が ...

乳がんの判定検査の方法と流れ

まずは、問診、視診、触診が行われます。次に、マンモグラフィ、超音波(エコー)などの画像検査によって、乳腺などの状態を総合的に判断します。 乳がんの疑いがあり、しこりや石灰化がある場合には、その部分の組 ...

乳がんと遺伝「家族性の乳がん」とは

がんになりやすい体質のことを「遺伝要因」といいます。 「遺伝要因」には、遺伝性の強いもの、弱いもの、特定のがんになりやすいものなど、さまざまなものがあります。乳がんの場合、「BRCA1遺伝子」と「BR ...

ホルモン補充療法と乳がん

アメリカでは1980年ごろから2001年ごろまで、ホルモン補充療法が盛んに行われました。 更年期症状の緩和や、アンチエイジングなどに使用されていたのです。ところが近年の研究で、このホルモン補充療法が乳 ...

乳がんになりやすい食生活とは

現在日本では、乳がんが女性のがんの第1位になっています。 これは、ライフスタイルの変化および、欧米化した食生活の影響が大きいのではないかと考えられています。年を経るごとに、肉類や油脂類の摂取量が増加し ...

乳がんの主な症状

乳がんが疑われる症状は次のとおりです。 ■しこり 乳腺にできるしこりの約90%は、良性のしこりですから自分で触診したときに、しこりを発見したからといって必ずしも乳がんとは限りません。 乳がんのしこりの ...

乳がんが進行する速さはどれくらい?

がんが倍、倍に細胞分裂するのにかかる時間をダブリングタイムといいます。 乳がんのダブリングタイムは、約90日といわれ、ほかのがんよりもゆっくり進行するのが特徴です。早期がんといわれる1センチぐらいの大 ...

非浸潤乳がんと浸潤乳がんとは

細胞が突然無秩序に分裂・増殖し続けるとがんになります。 細胞がどんどん増殖し、乳管を塞いでしまう状態を非浸潤がんといいます。がんの大きさは1センチ未満のことが多いようです。さらに細胞が増殖し、乳管の外 ...

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.