自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

「がんと食事・食材」 一覧

癌によい食品「セロリ」:がん予防食品

セロリは、古代ギリシャ時代からすでに利用されていたセリ科の野菜です。 独特の芳香をもつために敬遠されることもありますが、セロリの健康効果はその香り成分にあります。香り成分のテルペン類のなかでも「モノテ ...

癌によい食品「なす」:がん予防食品

なすの特徴である皮の紫色は、強い抗酸化作用をもつ色素「ナスニン」という成分です。 ナスニンは、がん化を促す活性酸素から細胞を守る働きがあるので、なすは皮ごと食べるのがコツです。また、ナスニンの高い抗酸 ...

癌によい食品「キャベツ」:がん予防食品

キャベツは多数の種類があり、ヨーロッパ原産のアブラナ科の野菜で、芽キャベツ、ケールもキャベツの一種です。 キャベツには、野菜の辛み成分であるイソチオシアネート、ステロール、インドールなどがたっぷり含ま ...

癌によい食品「しょうが」:がん予防食品

しょうが独特の辛みと、清涼感のある香り成分にがん予防効果が期待できます。なかでも、しょうが特有のフェノール化合物(ジンゲロン、ショウガオール)が豊富です。 フェノール化合物は、活性酸素によって遺伝子が ...

癌によい食品「にんにく」

にんにくは古代ギリシャ時代から、疲労回復や抗菌作用をもつことが知られています。 特有の刺激的な香りには、免疫力を高める強い効果があります。このにおいのもとは、イオウ化合物である「ジアリルスルフィド」「 ...

癌によい食品「しそ」香り成分が活性酸素を無毒化

しそ特有の香り成分であるテルペン類(シリアルアルデヒド、リモネン、ピネン)には、強力な殺菌作用があります。 このテルペン類は動物実験で発がんを抑制する効果が認められ、細胞のがん化を促す活性酸素を無毒化 ...

あまり知られていないがん予防が期待できる食品リスト

①野菜類 ・ユリ科:にら、ねぎ、グリーンアスパラガス ・ナス科:ししとうがらし、とうがらし ・セリ科:せり、パセリ、みつば ・アブラナ科:だいこん、かぶ、わさび、チンゲンサイ、ラディッシュ、      ...

発がんリスクが高い?アクリルアミド

ポテトチップスやフライドポテトなどに多く含まれ、発がん性があると最近注目されているのが、アクリルアミドです。 大量に食べさせる動物実験で発がん性が認められ、国際がん研究機関は「ヒトにもおそらく発がん性 ...

がん患者はよく噛んで食べることが重要

食事をよく噛むことで、脳を刺激したり、食べ過ぎを防ぐといった効果があると同時に唾液の分泌を高めます。 唾液には、口の中の雑菌を殺菌する作用のほか、消化酵素など、40種類以上の酵素が含まれています。この ...

がん患者にとって理想の野菜摂取量

国際機関が定めた「がんを防ぐための12カ条」の第1条には「バランスのとれた栄養をとる」、「野菜料理をどんどん食卓に加える」とあります。 さらに、「食べものから適量のビタミンと繊維質のものを多くとる」と ...

がんと飲酒(アルコール)の関係

お酒には食欲を増進したり、気もちを明るくし、リラックスさせる効果をもっています。 一方、「体に毒」という面ももっています。とくにアルコール濃度の高いお酒を飲む習慣がある地域では、食道がんが多いといわれ ...

がんと食塩(塩分)との関係

これまでは高血圧予防のために減塩が啓蒙されてきましたが、がん予防の観点からも塩分の過剰摂取は大敵です。 胃がんのもっとも大きな原因とされているのが塩分の過剰摂取です。日本人を対象にした疫学調査で、漬け ...

がんと動物性たんぱく

動物性たんぱく質が豊富な食品には同時に動物性脂肪も多いために、肉を減らすと脂肪の量も減りますが、たんぱく質の摂取も減ってしまいます。 たんぱく質のとり過ぎもがんの発生に関わっているのですが、脂肪のよう ...

脂肪のとり過ぎとがん

脂肪のとり過ぎが発がんの危険性を高めることが明らかになってきました。 とくに動物性食品に含まれる飽和脂肪酸(肉の脂身や生クリームなど)の過剰摂取は乳がんや大腸がんとの関わりが深いとされているほか、さま ...

肥満とがんの関係

肥満は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の原因のひとつであることは知られていますが、がんの発生にも関わりがあることが明らかになっています。 食道、結腸、腎臓がん、閉経後の女性の乳がん、子宮体がんの確実な ...

がんは遺伝するのか?がん家系とは

「がん家系」という言葉が聞かれるように、がんと遺伝の関係は深いと考えている人は多く存在します。 しかし、遺伝子の研究が進むにつれ、「がんになるかならないか」を決定する「がん遺伝子」は、ごくまれな一部の ...

かびの生えたものと癌の関係

日本ではあまりないのですが、外国産のピーナッツなどのナッツ類、とうもろこしに生えるかびの毒素アフラトキシンは強力な発がん物質です。 世界がん研究基金による「がん予防のための提言」では「かびた可能性のあ ...

焦げと発がん物質

肉や魚を焼いて焦がすと香ばしくおいしさが増す反面、焼き焦げた部分に変異原性物質(遺伝子を傷つける物質)が複数含まれることが確認されています。 焼き焦げに含まれる発がん物質は、調理温度が高く、調理時間が ...

がん患者は塩分と熱い物を控えるべき

日本人の代表的ながんに胃がんがあります。 この胃がんに密接な関係があるとされているのが塩分の過剰摂取です。日本人の疫学調査で、食塩摂取量が多い男性ほど胃がんのリスクが高いという研究結果も出ています。 ...

がん患者の食事「緑黄色野菜」をたっぷりと

緑黄色野菜をはじめ、野菜、果物類にはビタミンや繊維質(食物繊維)が豊富に含まれています。 ビタミンは体の中で潤滑油のような働きをしています。なかでもビタミンA、C、Eは、免疫力を高める効果のほか、遺伝 ...

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.