自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

「 月別アーカイブ:2013年07月 」 一覧

乳がん術後の定期検診と生活

手術が終わり、補助療法が終了しても、10年間は定期的に検査を受けることが大切です。 定期検診の時期は、術後2、3年目までは、3カ月ごと、それ以降は半年から1年ごとに行いましょう。定期検診は手術を受けた ...

乳がんの手術後の注意点(リンパ浮腫関連)

乳がんの手術後は、リンパ浮腫を悪化させないためにも手術した側の腕にけがをしないことが大事です。 ・乾燥肌の人は保湿クリームなどで肌を保護しましょう。 ・土いじりをするときには、けがや感染を防ぐために、 ...

乳がん治療後のリンパ浮腫について

リンパ浮腫とは、手術でわきの下のリンパを切除したり、放射線治療によりリンパ管が細くなったりしたことで、リンパの流れが悪くなり、リンパ液が皮下にたまる状態をいいます。 リンパ浮腫が起こる時期や程度には個 ...

乳がんに使われる分子標的治療薬

分子標的治療薬とは、がん細胞の増殖や発生、転移に関係している特定の遺伝子やたんぱく質に作用して、がん細胞の増殖を抑制する薬で、HER2が陽性の乳がんに効果があります。 HER2とは、細胞の表面にあるた ...

抗がん剤の副作用への対処方法

主な副作用と対処方法は次の通りです。 ■嘔吐・吐き気 ・治療当日は3、4時間前に消化のよいものを軽く食べるだけにしておきましょう ・嘔吐したときは、十分に水分を補給しましょう ■脱毛 ・頭皮にかゆみや ...

乳がんの抗がん剤治療と副作用

乳がんの抗がん剤治療には内服薬と静脈注射の2種類があり、ほとんどの場合2~3種類組み合わせて使われます。 従来はCMFという組み合わせが多く使われていましたが、術後補助療法の場合、アンスラサイクリン系 ...

乳がんのホルモン治療による主な副作用

ホルモン治療による主な副作用は次のとおりです。 ■ホッ卜フラッシュ 自律神経の働きが鈍くなり、体温調節ができなくなるために起こります。胸から頭にかけてカーッと熱くなって、動悸と顔面紅潮が起こり、汗が噴 ...

乳がんのホルモン(内分泌)療法とは

乳がんの60~70%はエストロゲン(女性ホルモン)によって、がん細胞の発育・増殖をひき起こしていることが判明しています。 エストロゲンがエストロゲン受容体(ER)を持つがん細胞と結合することによって、 ...

乳がんにおける放射線治療の方法と副作用

大別して、2つの方法があり、病巣の場所や大きさによって方法が選択されます。 ・外部照射法とは リニアック(直線的加速装置)を使って、外部から放射線を照射します。 ・密封(埋め込み)小線源治療 病巣部分 ...

乳がんに放射線治療が使われるケース

放射線には発生したがん細胞の成長・増殖を抑える効果があります。 特に乳がんは放射線の感受性が高いため、局所のがんをたたくのに効果的です。放射線治療の対象となるのは、主に、次の場合です。 ①乳房温存手術 ...

乳がんの再発を防ぐための手術後の治療法

乳がんの手術後、再発を防ぐために行う治療を術後補助療法といいます。 術後補助療法には、放射線治療のほか、ホルモン治療、薬物治療、分子標的治療があります。どの治療法が適しているのかは、がんの性格や転移リ ...

乳がんにおける乳頭・乳輪の再建とは

乳頭・乳輪の再建は、乳房再建の手術をして半年から1年が経過して、再建した乳房が安定してから行ったほうがいいでしょう。 再建と同時に行うこともできますが、安定してからの方が、左右のバランスが整った位置に ...

乳房再建方法「遊離皮弁法」とは

2013/07/19   -乳がん
 

遊離皮弁法とは、お腹の皮膚と脂肪、それに血管のついた腹直筋をいったん身体から切り離して、改めて、わきの下の血管とつなぎ合わせて、乳房を再建する方法です。 腹部に傷は残りますが、形成して再建することがで ...

乳房再建方法「腹直筋皮弁法」とは

2013/07/19   -乳がん
 

腹直筋皮弁法とは、お腹の皮膚や脂肪、それに血管を付けたままの腹直筋を胸に移植して、乳房を再建する方法です。 腹部に傷は残りますが、自分の組織なので自然です。ボリュームも充分で、年数がたっても萎縮して小 ...

乳房再建方法「広背筋皮弁法」とは

2013/07/19   -乳がん
 

広背筋皮弁法とは、背中の皮膚や脂肪、それに血管を付けたままの筋肉を胸に移植して、乳房を再建する方法です。 背中に傷は残りますが、自分の組織なので自然です。しかしながら、脂肪が少ないため、ボリュームが足 ...

自分の組織を移植する乳房再建方法

自分の組織を移植する乳房再建は鎖骨の下部やわきの下にくぼみがある、大胸筋と広い範囲の皮膚が切除されている、放射線照射の影響で皮膚が硬くなっている、といった場合に行われます。 背中やお腹などの皮膚、細胞 ...

人工物(インプラント)を使用する乳房再建方法

人工物(インプラント)を使用する乳房再建は、鎖骨の下部や、わきの下に陥没がない、胸の筋肉が残っている場合に行うことができます。 人工物を埋め込む方法で一般的には、ソフトコヒーシブシリコンといわれるシリ ...

乳がんの乳房再建術とは

乳房再建術の技術は飛躍的に向上しています。 手術から年月がたっていても、乳房再建のための手術はいつでも可能です。ただし、放射線を照射後は、1年ほどたって、皮膚の状態が落ち着くのを待ってからのほうがよい ...

乳がんの集束超音波療法とは

集束超音波装置を使用し、超音波をがん細胞に集めて体外から照射します。 超音波でがん細胞を焼き殺す方法です。1回に照射する範囲は、直径4ミリぐらいなので、がん細胞全体に照射するには時間はかかりますが、麻 ...

乳がんの凍結療法とは

人間の細胞はマイナス15度以下になると細胞の内部が凍りはじめます。 それを活用したのが凍結療法です。急速冷凍し細胞を凍らせて破壊させます。超音波(エコー)でがんを確認して、直接がんに針を刺し、ヘリウム ...

Copyright© がんと闘うために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.