自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

「がんと免疫・免疫療法」 一覧

がんの免疫療法は標準治療(三大治療)と組み合わせる

がんの進行度によっては、いくつかの治療法を組み合わせて効果を高めます。 がん免疫療法も、三大治療と組み合わせて、効果を底上げしたり、副作用を軽くする役割が期待されています。 ・手術 がんと診断されたと ...

がんの免疫療法は「標準治療」の次の選択肢

「早期のがんといわれたので、免疫療法で治療したい」という人もいます。 たしかに、ほかの治療法と同じように、免疫療法でもがんが小さいほど治療効果が高いことが考えられます。しかし、早期なら、やはりもっとも ...

がん免疫療法の効果と限界

がんの免疫療法には大きな期待がよせられていますが、同時に限界やまだ明らかになっていない点もあります。 ・がんの状態 がん免疫療法では、腫瘍が大きいと、効果が得られにくいことがわかっています。 ・単独で ...

体内の免疫力を示す数値データ

・白血球数 免疫の主役となる白血球が少なすぎると、免疫力は低下する。 ・白血球分画 白血球を、好中球、好酸球、好塩基球、単球、リンパ球に分けて、それぞれの割合を調べる。がんの患者さんでは、リンパ球の割 ...

がん免疫療法の効果をどう測定するか

がん免疫療法は、抗体療法など保険適用されて一般化しているものもありますが、ほとんどは先進医療として実用化されていたり、有効性を臨床試験で確かめている段階です。 ただ、免疫が高まったかどうかを数値で評価 ...

がんの免疫療法の効果はまだ未知数

がん免疫療法は、がんの治療法のなかでも新しく、免疫の仕組みや免疫細胞について、まだわかっていないことがあります。 今後、免疫の仕組みを解明する研究と、医療現場での免疫療法の検証が進むと、さらに新しい治 ...

がんの抗体療法とは

「抗体」は、獲得免疫のチームメンバーであるB細胞が異物を攻撃する際に使う武器です。 「抗体療法」は、がんに合う抗体を体外で合成し、投与する治療法です。がんの抗原にはたくさんの種類がありますが、特定の抗 ...

がんワクチン療法とは

免疫細胞ではなく、がんの抗原そのものを体に投与して、免疫反応を起こさせる治療法もあります。それが「がんワクチン療法」です。がんワクチン療法には、本人の腫瘍細胞を使う「腫瘍細胞ワクチン療法」と人工抗原を ...

がん免疫療法「CTL療法」とは

■CTL療法の効果と問題点 CTL療法は、がん抗原を認識させているぶん、治療効果が高く、臨床試験の結果では、LAK療法を単独で行った場合よりも高い効果があると報告されています。また、3cm以下の小さな ...

がんの特徴を人工的に合成する「人工抗原」とは

免疫療法で使われるがん抗原(がんの目印となるもの)には、現在2つの種類があります。 1つは本人のがんから抽出する「自己がん抽出抗原」です。本人のがんから抗原を取り出すので免疫を強く刺激しますが、ある程 ...

がん細胞だけを攻撃する免疫療法(特異的免疫療法)

がん免疫療法のなかでも、獲得免疫の働きを利用して、がんだけを「特異的」に探し出して攻撃する治療法を、「特異的免疫療法」と呼びます。 特異的免疫療法は、ごく簡単にいうと、がん細胞にくっついているしるし( ...

がんのCAT療法とは

LAK療法ではT細胞を活性化できなかったことから、次に登場したのがT細胞を活性化させるCAT療法です。 T細胞の表面には、たくさんの分子(細胞の特徴を示すしるしのようなもの)があります。このうち、CA ...

がんのLAK療法とは

■リンパ球を増やして戻す・LAK療法 免疫細胞に注目した治療法のなかで、最初に行われたのがLAK療法です。LAK療法は3段階の手順をふみます。 1.採血する 患者の血液を採取します。LAK療法の場合、 ...

がんとサイトカイン療法

サイトカインを直接体に投与して、免疫細胞を刺激するのが「サイトカイン療法」です。 免疫を活性化させ、一部のがんで効果が確認されています。しかし、副作用が強いなどの問題もあります。そのため、現在はサイト ...

がんのBRM療法とは

BRM療法とは、「生物的応答調整剤・Biological Response Modifiers」を使った治療法です。 ・化学療法などの標準治療 他の治療法で、免疫が弱まったときなどに、補助的に行われま ...

がんの非特異的免疫療法とは

非特異的免疫療法は、免疫全体の働きを底上げします。 ・サイトカイン療法など サイトカインは、免疫細胞がおたがいに連絡を取り合うために使う物質のこと。細胞の活性を上げるサイトカインなどを投与して、全体的 ...

多数あるがんの免疫療法の種類

あやしいものを攻撃する、自然免疫の力を利用した免疫療法 ・サイトカイン療法/BRM療法 免疫の仕組みを刺激する物質を使って免疫の働きを活性化し、がんを攻撃する力を底上げします。 ・LAK療法(NK療法 ...

がんの免疫療法の目的

1.治療効果を高める がんの治療の基本は、手術です。しかし、手術で目に見えるがんのかたまりを切除しても、周囲にがんの細胞が散らばっているおそれがあります。また、すでに離れた場所にがん細胞が流れ、ごく小 ...

がんの免疫療法を理解するキーワード

免疫療法では、4つの物質を治療に活用します。 ・免疫細胞 がんを攻撃するNK細胞やT細胞などのリンパ球や、がんのしるし(抗原)の情報を伝える樹状細胞を活性化し、増やして体内に戻す治療法です。ほかの方法 ...

がんの免疫療法はどのように進められるのか(手順)

体外で免疫力をアップさせるタイプの免疫療法は次のような流れで進められます。 ①患者の血液を採取する 本人の血液を採取します。 ②いろいろな方法で、免疫細胞を増やす 血液の中から、必要な白血球を取り出し ...

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.