自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

がんと闘うために

「がん全体」 一覧

がん治療に活用できる公的な費用支援制度

治療費の軽減や、療養中の収入保障などを目的とした制度は、数多く設けられています。 体力が低下したり、障害が残った場合に、サポートしてくれる社会的支援のしくみもあります。これらの制度を活用し、できる限り ...

がんの医療費の負担を減らす高額療養費

一般の診察、治療、検査などにかかる医療費には、公的医療保険が適用されます。 私たちは費用の一部を負担すればよいのですが、がん治療では、その負担額が高額になることもあります。このときに適用されるのが、高 ...

がん治療にかかる費用とは?

治療を受ける前に、ある程度、費用負担の見通しを立てておきたいものです。 治療に伴う費用は、手術や化学療法など治療・検査代だけではなく、入院中の食事代や差額ベッド代、会社などに提出するための診断書代、さ ...

手術による後遺症が残ってしまうがんの部位

・再建術 自分自身の皮膚や筋肉、骨を別の場所から移植する手術。容貌だけでなく、話す、ものを飲み込むなどの機能の再建が可能な場合もある。 ・メイクの工夫 化粧によって容貌の変化を目立たなくさせることがで ...

がんの代替療法の種類と注意事項

アーユルヴェーダ、鍼灸、指圧、整体、カイロプラクティック、リフレクソロジー、気功、ヨガ、アロマセラピ一、ア二マルセラピ一、ホメオパシー、温泉療法、芸術療法、笑い療法、イメージ療法、瞑想、自律訓練法、冷 ...

がんの代替療法のメリット・デメリット

・満足感につながり、心身をリラックスさせてくれる ・正しく使えば大きな副作用の心配がないものが多い ・西洋医学と組み合わせることで統合医療が実現する ・個人差があるが、症状が改善することもある ・科学 ...

がんの再発・転移時に主治医の変更や転院をしたいなら

再発や転移が明確になり、今後の治療を検討するときに、主治医や病院を変えたい、と感じる方もいると思います。 そのときは、なぜ変更したいと感じたのか、理由を具体的にあげてみましょう。その理由が、たとえば、 ...

がんの再発・転移の不安を感じたら

体調が悪くなったり、腫瘍マーカーの数値が気になったりすると、再発の不安を感じると思います。 これが、「がんは治療が終わってからが始まり」と言われているゆえんです。一人で悩んでいると不安はつのります。気 ...

がん治療中にうつ病の傾向が出たら

何を見ても病気のことを思い出してしまう。無気力、眠れない、食欲がでない。 あてはまる状態が続いているようでしたら、患者さんの心はとても疲れているのでしょう。告知を受け、治療を受けている最中は緊張を強い ...

がん手術後の後遺症・倦怠感への対策

手術によって、後遺症が出る場合があります。術前にある程度説明は受けますが、後遺症は切除した臓器や範囲、治療方法によって異なり、実際に感じる痛みや体の変化に不安やとまどいが生じると思います。 そのような ...

がんの腫瘍マーカーとその種類

経過観察時は、腫瘍マーカーの数値が気になると思います。 腫瘍マーカーとは、血液や尿に、がん特有の物質(たんぱく質、ホルモン、酵素など)が含まれているかどうかをみるものです。基準値を超えていても、異常が ...

がん治療・経過観察期間の記録

退院後は、①治療後の体調の確認や、②再発・転移の可能性を確認するために、経過観察(定期検診)を受けることになります。 期間は、がんの種類や進行度によって異なりますが5~10年間で、はじめの2、3年は3 ...

がん治療・退院後の食事や生活

■退院後の食事は? 栄養バランスのよい食事を規則正しくとることが大切です。治療の影響で食欲がない場合は無理をせず、食べたいもので消化のよいものを少しずつ食べましょう。消化器がんの術後などで、特別な食事 ...

がん治療で退院した後の注意点

退院が決まると、ホッとすると同時に、自宅での今後の療養生活に不安を感じることもあるかもしれません。 入院中は主治医や看護師の指示がありましたが、これからは自分で健康を保っていこうという気持ちが大切にな ...

がん治療の病院で転院を薦められた

2013/09/07   -がん全体
 

退院後は、基本的には治療を受けた病院で定期検診を受けますが、大きな病院が近くにない地域の方などの場合、手術を受けた病院を退院後、自宅付近の医療機関を紹介されることがあります。 ようやくなじんだ病院から ...

がんの入院中に申請しておくとよい装具について

病気の種類や進行度によって異なりますが、がん治療の後に装具が必要となる場合があります。 人工肛門などを造った方の場合は消化器ストーマ(人工肛門)、手術や喉頭部を摘出して声を失った方の場合は発生補助具な ...

一般的ながん手術後の合併症と予防法・対処法

■感染 術前の体調管理、術後に抗生物質を投与する。 安静、抗生物質の投与、必要に応じて血液検査、など。 ■出血 血液をサラサラにする薬(抗血液凝固剤)を飲んでいる人は手術の数日前から休薬する。 安静、 ...

がんの放射線治療の基本

放射線療法は、がんの病巣部に放射線(X線など)を照射して、細胞分裂を繰り返して増殖するがん細胞のかたまりを小さくしながらがん細胞を死滅させます。 局所療法で、体を切らずに臓器の形や機能を温存させること ...

抗がん剤治療の流れ

抗がん剤治療医の診察を受け、治療方針の検討をする ・検査  血圧、体重、体温の測定、レントゲン、採血(検査結果が出るまで、30分~1時間ほどかかります) ・治療医の診察  化学療法を行うか、決定。 ・ ...

さまざまな抗がん剤の種類

ターゲツトを特定せず、がん細胞が増殖(細胞分裂)する過程を妨げて、がんを縮小させたり死滅させる薬です。がん細胞を殺す力は高いのですが、同時に正常細胞もダメージを受けやすいのが欠点です。この抗がん剤には ...

Copyright© がんと闘うために , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.