がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

「子宮がん」 一覧

広汎子宮全摘出術後の排尿障害

子宮がんにおける広汎子宮全摘出術の場合、術後一時的に尿が出にくい時期があります。 ...

子宮頸がん治療による頸管の狭窄

子宮頸がんでは、頸部円錐切除、レーザー蒸散、放射線治療により、頸管狭窄が非常に起 ...

子宮がん手術後の肺塞栓症とは

術後に起こり得る疾患として肺塞栓症があります。 肺塞栓症は、おもに下肢静脈、骨盤 ...

子宮がんリンパ節郭清に関する合併症

リンパ節廓清による合併症、または関連する症状は以下のとおりです。 ①リンパ嚢腫 ...

子宮・卵巣がんの手術による合併症

子宮・卵巣がんの手術では腹部の切開が下腹部だけでなく、へそよりも上におよび、長く ...

子宮・卵巣がんの再発・転移する確率

子宮がん、卵巣がんの再発・転移率は、治療開始時のがんの進行期によって異なります。 ...

がんの治療で閉経した場合の症状

外科的な治療により早発閉経した場合に起こる変化を出現時期で分類すると、以下のよう ...

がんの治療と女性ホルモンの減少

がんの治療で、閉経前に両側の卵巣を摘出すると、女性ホルモンの急速な減少が起こり体 ...

卵巣がんの特徴とタイプ

卵巣がんの発生率は、40代から増加し、50代前半でピークを迎えます。 発生数はお ...

子宮体がんにおける子宮温存手術

2013/05/06   -子宮がん
 

標準治療では子宮体がんで子宮を温存する治療を選ぶのは、子宮体がんの0期もしくは1 ...

閉経後の不正出血は子宮体がんの症状かも

子宮体がんの発生頻度は、閉経前より閉経後のほうが高くなります。 子宮内膜が増殖す ...

放射線治療が効きにくい子宮体がん

組織型でみると子宮体がんの90%は腺がんであり、放射線治療が効きにくいタイプだと ...

体質に関係の深い子宮体がんの原因

子宮頸がんが性体験やウイルス感染など外的因子と関係が深いのに対して、子宮体がんは ...

子宮体がんのタイプと初期症状

子宮体がんは生物学的に大きく分けると2つのタイプがあります。 ひとつは閉経後の高 ...

早期子宮頸がんの治療方法とは

子宮頸がんは、0期ないし1a期の早期であれば、子宮を摘出しないで治療することがで ...

子宮頸がんの進行期(ステージ)の診断

子宮体がんや卵巣がんでは、手術で摘出した標本を病理検査で検討して進行期(ステージ ...

子宮頸がんの細胞診「異形成」とは

子宮頸部の細胞診で、軽度・中等度異形成と診断された場合は、治療の対象にはならず、 ...

子宮頸がんの 「クラス3」と「3期」との違い

「子宮頸がん検診で3期と言われた」という場合、かん違いに注意が必要です。 細胞診 ...

子宮頸がんの細胞診の方法

がんの確定診断に必要な検査のひとつに細胞を詳しく検査する細胞診があります。 その ...

子宮頸がんの腺がんと扁平上皮がん

子宮頸がんの組織型は、腺がんと扁平上皮がんに大きく分類されます。 組織を唇で例え ...