がんと闘うために

自分や家族が癌になったら・・・。癌(がん)と正しく闘い、治療を成功させるための情報サイトです。

「がんと食事・食材」 一覧

抗がん作用のあるカロチノイドを多く含む食品

カロチノイドの効果を得るためには、さまざまな野菜、果物、海藻などをバランスよく食 ...

がんに良い成分「β-カロチン」

β-カロチンに代表されるカロチノイドは、植物や海藻、魚介類などの色素を担っている ...

癌に良い成分「クルクミン」

香辛料として、また止血作用や健胃作用、利胆作用、抗ウイルス作用のある薬として利用 ...

癌に良い食材「ごま」とリグナン

ゴマの種子には、リグナンという色素の構成成分であるセサミン、セサモリン、セサミノ ...

フラボノイドは癌に良いのか

フラボノイドはポリフェノールのなかで最も種類が多く、あらゆる植物に存在するといわ ...

がん予防のための生活習慣12か条

①偏食をせず、バランスよく栄養をとる 「14か条」では、多種類の野菜や果物、未精 ...

野菜不足と癌との関係

世界各地でがんの発症率や部位は異なります。 地域特有のがんの原因を探っていくとそ ...

食べ過ぎ・肥満と癌との関係

カロリー制限と発がんとの相関性を調べる動物実験は以前から頻繁に行われてきました。 ...

塩分のとりすぎと胃がんの関係

日本は胃がんの罹患率が高く、世界一の胃がん大国とまでいわれています。 そして、そ ...

脂肪・たんぱく質と癌との関連は?

1980年代以降、急速に広がった「食生活と発がん」の研究によって、脂肪分のとりす ...

食生活と癌との関係

長い歴史と幅広い実績を持つ疫学研究の結果、がんは国や地域によっても多い種類と少な ...

アルコール(お酒)と癌との関係

「酒は百薬の長」といわれるように、お酒は血行をよくしたり、リラックス効果をもたら ...

タバコ(喫煙)は最も影響力の高い発がん性物質

喫煙があらゆるがんの発症に関連していることについて、とくに肺がんとの因果関係はよ ...

食品添加物と癌との関係

数ある食品添加物のうち、たとえば人工甘味料の「サッカリン」は、動物実験の結果、膀 ...

食品添加物と癌との関係

「食生活と発がん」の因果関係を世界で初めて提唱したイギリス・オックスフォード大学 ...

魚や肉の焼け焦げを食べると癌になりやすいのか

焼き魚を加熱することによってできた焦げた部分には発がん物質が生成されることが明ら ...

発がん物質ニトロソアミン

「ニトロソアミン」は、生成過程によって以下の2つに分類されます。 (1)食品を調 ...

発がん物質アフラトキシンとは

天然の素材自体には発がん物質が含まれていなくても、収穫後の貯蔵法や保存法が悪いと ...

食品のなかに含まれる発がん物質

でんぷんを製造するときや、みその原料などに用いられるソテツの実に含まれる発がん物 ...

発がん物質の抑制に効果的なセリ科の野菜

2013/04/05   -がんと食事・食材

発がん物質の抑制に効果的なセリ科の野菜 ニンジン、セロリ、セリ、パセリ、ミツバな ...